スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

chiku3の簡単な写真講座 2回目「焦点距離」「ズームの活用方法」「カメラ設定」編

久しぶりにファントムを出動!


今回の目的地は「病院」


・・・そう通院です(;Д;)


でも折角の台風一過の晴天なので、バイクで行ってみました。


しかし、連休後ってのをすっかり忘れてて病院が一杯・・・


2時間待ちだったので、ちょっと写真講座の写真を撮影してきました。




今回の写真講座は、「焦点距離について」・「ズームの活用方法」・「カメラの設定」の三本立てです。


長文になりますので、覚悟してください。


また出来るだけ分かり易く説明しますが、分からないことがあればお気軽にコメントください。
※簡単な説明が多いので、深く詳しい解説が必要な方は他のサイトをご覧ください。


※次回はオススメカメラ編をお届けしますので、今カメラを買おうと思う方はもう少し待ってね!




それじゃ~いきます!

【注意】
写真に興味のない方や、「私ハイアマ!」・「拙者プロでござる」って方は
ブラウザの戻るボタンを押していただくか我慢してください(^▽^;)
また「バイクと風景」をメインにしていますので、その辺りもご注意ください。





■「焦点距離について」


みなさん、カメラを買う時に焦点距離ってのを見たり聞きませんか?


家電屋に「○○mm~○○○mm」って表記してあるやつです。


その意味は~

・数字が小さければ広角(広く撮れる)

・数字が大きければ望遠(ズームして物をカメラに引き寄せて撮れる)


ここまでは、分かる方が多いと思いますが


じゃあ、何mmから何mmまでが良いか?

・広角の方は通常「28~35mm」位と言われています。

・望遠は「お好みで」
※望遠はまた詳しく説明します。


なので個人的には、広角は「最低28mm」は必要です。



しかし!



最近のデジカメは「24mm」ってのがあるんです。


たった2mmの差ですが、この差が大きい!


まずは下の写真をご覧ください。


24mm.jpg

24mm

上の写真は24mmで撮影しました。
このように撮れます。


28mm.jpg

28mm

こちらの写真は先程と違って狭くなってるのが分かりますでしょうか?
たった2mmですが、24mmと比べますとちょっと窮屈に感じます。


32mm.jpg

32mm

最後は32mmで撮影してみました。
ちょっと傾いて撮影してしまいましたが、かなり狭くなりましたよね?


写真を比べていただくと、24mmと32mmには歴然の差があります。


特に拘らないない方なら28mmや32mmから始まるカメラを購入されても良いのですが、


広大な場所などでは24mmの威力が発揮されより広大に撮影することができます。


なので個人的には24mmからのカメラをオススメします。


※24mmのカメラは28mmで撮影出来ますが、28mmのカメラは24mmにすることはできません。




■「ズームの活用方法」



一般的なズームの使い方として、「遠くの物を撮る」ってイメージがありませんでしょうか?


正解です♪


近くに寄れない所や、遠くの鳥や車・風景などを撮る時に非常に便利です。


先程の焦点距離の「数字の大きい方」が大きい程、物をアップで撮影することができます。
※広角と望遠の幅が大きい程、画質が悪くなる傾向にあります。(10倍ズームなど)



しかし!!



遠くの物を撮ること以外に、実は他に使い道があるんです。


それは「圧縮効果」を使うこと。


説明は後回しで、まず下記の写真をご覧ください。


DSC_8042.jpg

24mm

広角で全くズームしていません。
このままズームし車体の大きさを同じようにして85mmで撮影します。


DSC_8043.jpg

85mm

24mmと同じように車体の大きさを揃えてみました。
どうです?先程の写真と違うところがありませんか?


ちょっとズームの関係で構図が変わってしまいましたが、先程まで奥に見えなかった橋が見えてますよね。


これが圧縮効果です。(手前と奥の空間が消えて全てがカメラに寄ってきます)


また、バイクが少し浮かび上がって見えませんか?


これも圧縮効果の影響ですが、ピントの深さによるものなんです。


例えば手の平を顔に近づけてみると、背景がぼボケて見えますよね。


また手を背景に近づけるとボケは消えてなくなります。


バイクが浮かび上がって見えるのは、この背景のボケがポイントなんです。


圧縮効果やピントに関して詳しく書くとややこしくなるので、


取りあえず、被写体(バイクなど)を浮き上がらせたい場合や


被写体と背景を上手く取り入れたい時には是非活用してみてください。



※ヒント※
圧縮効果を出す為に、普通に撮影するポイントから「かなり後に下がってズーム」すれば簡単に圧縮効果が体験できます。
またズーム幅が大きければ大きい程、背景がボケてより車体が浮き上がります。


※注意※
圧縮効果はデジタルズームでは使うことができません。※トリミングになる為。
ズームの動く光学ズームでご使用ください。





■「カメラの設定 ホワイトバランス」


最近のカメラは凄く良く作られていて、オートで撮影しても大体は綺麗に撮影出来ようになりました。


ですがこのオート機能は、完璧ではないんですよ・・・


よくあるのが、


「あれ?色合いがおかしい?」

「何で全体的に黄色いの?」「青いの?」「紫なの?」

って経験はないでしょうか?


これは「ホワイトバランス」って言うのが、その時の状況に合っていない為に起こる現象です。
※ホワイトバランスとは・・・
白いものが白く写るように色の補正する機能です。


オートでは認識できない場合や、誤認することが多々ありますので


あまりオートは信用できません(^▽^;)
※最近のカメラはかなり賢く認識してくれますが、完璧ではありません。


じゃあどうすれば良いか?


それは、カメラの設定をちょっと触ることで解消できる場合があります。


カメラごとに設定方法や表現方法に違いはありますが、


まずメニューを開いていただき、ホワイトバランスの設定を見てください。

※オールオートで設定している場合は変更できない可能性があります。



あとはその時の天候に合わせて、ホワイトバランスを設定してください。


ニコンで例えると

「晴天」「曇天」「日陰」「電球」「モノクロ」などのシーンがあります。


色々と試し撮りをして、最適なものを見つけてください。


下記の写真はホワイトバランスの設定を変更しながら撮影してみました。


DSC_8048.jpg

晴天

DSC_8049.jpg

曇天

DSC_8050.jpg

日陰

DSC_8051.jpg

電球

DSC_8056.jpg

モノクロ


電球はかなり外れていますが、これは白熱電球(黄色いやつ)の下などで撮影すると


色のバランスがとれます。※あまり活用方法はないかもw


撮影時は夕方だったので、この場合「晴天」では青過ぎですね。


この場合は「曇天」「日陰」などに設定するとより雰囲気が出て良い感じになります。


モノクロはホワイトバランスを完全無視するので、ホワイトバランスに悩んだ時や


失敗した時などに活用するのも手だと思います。



最初はホワイトバランスの設定や環境に戸惑うかもしれませんが、


コツを掴めば良い写真が出来る可能性がグッと上がりますよ!


※ヒント※
ホワイトバランスで悩んだら、オートを踏まえ晴天や曇天など
色んな設定で数枚写真を撮ればどれかは当たると思います。



■「カメラの設定 シーン編」

先程のカメラの設定で、ホワイトバランスを解説しましたが、


今度は、色・コントラストなどの濃さについて説明します。


カメラの設定で「シーン」の設定ができると思います。


一般的には「スタンダード」等の設定を使うと思いますが、


この設定を変更することによって、写真の濃さが変わってきます。


具体的に言うと、「緑はより緑に」「青はより青に」「黒はより黒に」と。


写真にメリハリをつけたい風景などにはオススメな設定です。

※シャドウファントムを一緒に撮る場合、車体が黒く潰れてしまう可能性があります。
(その時は設定を元に戻すか、順光で挑戦してみてください)



下記はスタンダードとビビッド(風景)の撮り比べになります。

DSC_8053.jpg

スタンダード

スッキリとした写真でOKなんですが、これをビビッド(風景)の設定で撮ってみます。


DSC_8055.jpg

ビビッド

影を見てもらうと分かりますが、黒くなっていますよね。

そして川の表現も濃く(硬く)なったのが分かりますでしょうか。

この色の濃さと言うのは、人それぞれ好みがありますので

どちらかが正しいと言うことはありません。


簡単に説明すると


・スタンダード:一般的な設定でどんな場所・シーンでもOK

・ビビッド(風景):色が濃くなりますので風景には適していますが、人物などにはあまり向いていません。


色々と試していただき気に入った設定を探してみてください♪




以上が、第2回目の写真講座になります。


学が無いので文章能力が低くて読み辛いですねw
まぁ賢くないので、ご了承ください(^▽^;)


今回色々と書かせていただきましたが、


写真は設定方法だけで、ガラッと雰囲気が変わります。


上記を一気に試されても良いんですが、時間のある時にでも


少しずつ挑戦してみてください。

また分からないこととかありましたら、コメントください。

分かる範囲でしたらお答えしますのでお気軽に♪



次回は「オススメカメラの紹介」をします。


僕が勝手にオススメするモデルなので、参考になるかは分かりませんが


購入を悩んでいる方は期待して待っててください♪


それでは、かなり長くなってしまいましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事
テーマ: 日記 | ジャンル: 日記
キャンプに行ってきた!「大津谷公園キャンプ場」編 | Home | chiku3の簡単な写真講座 1回目「構図編」

コメント

色はなかなかに難しいですなぁ(; ^ ω ^) 好みもあるのでしょうが…
使っているサイバーショットDSC-T77ですが…35-140mmでしたゎorz
ズームの圧縮効果が凄い面白いッス!試したいですゎ~(^ o ^)
遠くの鉄塔(赤白)が浮かび上がってきてますぉ!!
冬のボーナスで一眼レフかなぁ…次回のカメラ選びで考えます(笑)

2013/09/20 (Fri) 21:51 | alien #- | URL | 編集

む、難しい・・・。
納得はできても覚えきれない・・・。
よほほ・・・

2013/09/20 (Fri) 22:45 | 風來坊主 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

≫alien さん

コメントありがとうございます♪

今回はカメラに詳しくない方には、ちょっと難しかったですねw
圧縮効果だけでも物に出来れば、写真の表現力は変わりますので
一度お試しください♪

次回のカメラ選びですが、安いコンデジから一眼レフ、高級一眼レフまで
色々紹介させていただきますので、参考にしてくださいな(^▽^)/

2013/09/20 (Fri) 23:06 | chiku3 #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

≫風來坊主 さん

コメントありがとうございます♪

色々設定がありますから、最初は難しいと思います。
僕もカメラを触ったばかりの頃は、全く意味が分かりませんでしたからw

alienさんのところにも書きましたが、圧縮効果だけでも今度試してください。
いつも撮影してる位置から、後に下がってズームするとまた違った写真が撮影できますよ♪

2013/09/20 (Fri) 23:12 | chiku3 #- | URL | 編集

色々あるんですねぇ。奥が深い。
とても覚えきれませんw
とりあえず三分割法と圧縮効果ですね!
カメラはサイバーショットを三年前に購入しましたが(いまや画素数はスマホの方が上w)
ツーリングに行くようになったら一眼レフ(デジ)も買ってみようかと検討中です。
次回のオススメカメラ!期待してます(*^_^*)

2013/09/22 (Sun) 22:12 | ターナー #- | URL | 編集
Re: タイトルなし

≫ターナー さん

コメントありがとうございます♪

カメラは色々と色々憶えるとより面白くなりますよ~。
でも悩みすぎると面白さが半減しますので、
三分割法と圧縮効果だけを試してくださいな!

ツーリングに行った時は、一眼レフの威力が発揮されます。
スマホやコンデジと比べると携帯性や重さに難がありますが
それをも許せる画質が待ってますよ。

次回のオススメカメラの際には、画質と携帯性を重視したカメラを紹介しますので
お楽しみに☆

2013/09/23 (Mon) 22:30 | chiku3 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。